2017年4月24日月曜日

オウム病

2017.4.9のニュースで、鳥類から感染する「オウム病」で日本の妊婦が死亡するという国内初の事例があったと報じられました。
問題となる「オウム病」とは、果たしてどんな病気なのか?

■オウム病とは?
オウム病は、鳥クラミジア症とも言われる病気で、細菌であるクラミジアの一種(クラミドフィラ シッタシ)によって起こる感染症です。名前からオウムやインコが感染するイメージを抱きやすいですが、鳥類全般が感染します。

■どのように人に感染するのか?
オウム病は、人獣共通感染症として、鳥から人にも感染します。染経路・感染源としては、鳥のフンなどを人が触ることで感染します。そのため 、鳥と同じ空間にいるだけでは人には感染しませんが、鳥に触れたりすると、糞に間接的に接触し、感染する可能性があります。
ただ、底敷きの新聞紙などに付着した糞が乾燥し、粉末化したものが、鳥の羽ばたきによって空気中に飛沫が散布され、呼吸することで体内に入る恐れがあります。
その他に、口移しなどの濃厚接触、クチバシでの噛みつかれたり、爪の引っ掻きによってできた傷によって感染する可能性もあります

■もしも感染したら?
高熱、悪寒、頭痛、全身倦怠感、筋肉痛、関節痛、咳などのインフルエンザに近い症状が突然発症するとのことです。

■オウム病の対策・予防方法は?
  1. 鳥との接触を控えるようにする
  2. 飼 い鳥を検査し、感染している場合は、動物病院で治療する
  3. 鳥との濃厚接触を避け、触った後は手洗い・消毒
  4. 鳥のお世話の際は、マスクを着用する
  5. ケージの清掃・消毒を欠かさず、飼育環境を清潔に保つ
免疫力が落ちているタイミングでは、1のように鳥との接触を控えることが推奨されます。
難しい場合は、以降の2~5を徹底しましょう。

2017年3月13日月曜日

迷い犬・猫を保護したら?

迷い犬・猫を保護したら?

    以下の事項を簡単にまとめましょう。
・見つけた場所
・見つけた日付・時間
・特徴(種類、毛色、大きさ、性別など)
・首輪、名札など身につけていた物
・ご自身の連絡先


    法的に、保護した方はすみやかにお近くの保健所に連絡をする義務があります。盗難されたと飼い主様より言われないためにも、必ず届出はしましょう。

 ★中央区保健所:03-3541-5936   ★江東区保健所:03-3647-5844 
 
日本の法律的に迷い犬は「捨得物扱い」となります。その後、迷い犬・猫を警察の担当部署で管理するのか、もしくは保護された方の元で飼い主が見つかるまで管理するのかを、選ぶことができます。警察の担当部署においては、あらゆる手を講じて飼い主を探してくれます。鑑札やマイクロチップのチェックもします。

「警察や愛護センターに保護されたら、すぐに処分されてしまうのでは・・・?」という風説があるらしいのですが、数日で殺処分という事は絶対にありません。
詳しくは、中央区保健所にお尋ねください。
              (中央区保健所 談)

迷い犬・猫のお預かりや治療をご希望される方へ
 不本意ですが、法的な観点より当院では「保護動物の取り扱い」はできません。
交通事故などの緊急な状態における処置に関しては、対処療法を行うことはあっても、保護した方が保健所に届け出をしていただく必要があります。その後、動かせる状態になったら保護した方が保健所に連れて行っていただきます。その後、継続して治療が必要な場合は保健所が病院に連れていきます。当院での治療の際は、保護された方の名義でカルテを作成し、治療させていただきます。治療費請求は、当院では保護された方に請求する形になります。これは、各家庭でペットに対する価値観が違うことや、本来の飼い主様がそこまでの治療を希望していなかったという様な複雑なケースもあったからです。

皆様のご理解とご協力のほどよろしくお願い致します。




2017年3月3日金曜日

狂犬病ワクチン

動物病院にとって、春は予防シーズンです。
予防と一言でいっても、フィラリア・ノミ・ダニ・混合ワクチンなど必要なことはたくさんあります。

その中でも、絶対に忘れてはならないのが『狂犬病ワクチン』です!!

狂犬病ワクチンは、法律で毎年一回予防注射を受けるよう義務づけられている人畜共通伝染病です。
現在、狂犬病に対する治療法はなく、犬も人も発症すれば致死率が100%の非常に恐ろしい病気です。
幸い日本では、1957年以降発生していませんが、これは予防注射の徹底と厳重な検疫により守られているからです。
しかし、世界の大部分の地域では、今でも多く発生しているために、いつ侵入してくるか油断は禁物なのです。

狂犬病の症状は、人も犬も同様で狂躁型と麻痺型と呼ばれる2つの型があります。
大多数は、狂躁型で食欲不振、情緒不安定などの症状に続き、ヨダレを出すなどの興奮状態を示し、攻撃的になります。
その後は、元気がなくなり昏睡し死亡します。
麻痺型は、発症例の2割程度に見られ、発症初期から麻痺状態がでて3~6日で死に至ります。

狂犬病は、犬だけの病気と思われている方も多いのですが、すべての哺乳動物が感染しますので、犬以外の動物により海外から狂犬病が入ってくる可能性もあるのです。
日本では、狂犬病予防法により生後3ヶ月以上の犬は狂犬病の予防注射を受け、登録することが義務づけられています。
狂犬病の発生を防ぐために、毎年、必ず予防注射を受けるようにして下さい。

2017年2月3日金曜日

冬の猫ちゃんの健康管理

猫は元々砂漠出身の動物なので、寒さが苦手と言われています。冬は寒さのためにじっとしていることが多くなり、運動量が減って、病気に対する免疫力が下がる時期でもあります。
体力の弱い子猫や高齢猫、泌尿器系の持病があるネコちゃんは特に注意が必要です!

★定期的な水分摂取!

 寒くなると運動量が減るため、水を飲む量も減ってしまい、泌尿器系の病気にかかりやすくなりますので、飲水量を減らさないように気を付けましょう。いつでも新鮮な水が飲めるよう、何ヶ所かに容器を置いて、こまめに交換してあげましょう。あまり水を飲まない時は、ドライフードをお湯でふやかしたり、水分を多く含むウェットフードをトッピングしてあげるのもよいでしょう。

★冷え・乾燥に気をつける!

ネコちゃんの体が冷えないように、部屋の温度に気を付け、暖かい寝床を用意してあげましょう。エアコンは空気が乾燥しやすいので、加湿器などで湿度を保つことが大切です。
また、日光浴をすると血行が良くなって体が温まるだけでなく、ホットカーペットやストーブで見られる低温やけどの心配もないため、おすすめです。

★太り過ぎに注意!

ワンちゃんと同様、ネコちゃんも冬場は食欲が増す時期ではありますが、よく食べるからといってフードの量を増やしてしまうと、運動量の減る分、太ってしまう可能性が高いので、適量をきちんと量ってあげるようにしましょう。

まだまだ寒い日が続くと思いますが、以上の事に注意して、元気に冬を乗り超えましょう!!

インフルエンザ

本格的な寒さの毎日でここ最近では、インフルエンザが流行しています。
そのためか、「人のインフルエンザは動物にうつりますか?」というご質問を受けることがあります。
結論から言うと、ウィルスの種類が違いますので、犬や猫には人間のインフルエンザは感染しません。人間のインフルエンザの感染伝播が問題になるのは、鳥類と豚です。

しかし、犬に感染するインフルエンザそのものが「ない」とは言えなくなってきました。
海外では犬インフルエンザの発生、流行があるといわれています。
犬インフルエンザは犬の呼吸器疾患を引き起こす感染症であり、現在2種類の犬インフルエンザウイルスが報告されています。
H3N8亜型CIVは2004年1月にアメリカ合衆国フロリダ州で呼吸器症状を呈した競技用のグレイハウンド22頭から分離されました。感染した22頭のうち14頭は回復しましたが、8頭は出血性肺炎を伴い死亡しました。その後もグレイハウンドでの流行や家庭飼育犬における感染も確認されています。このウイルスは現在アメリカ国内で定着していると考えられています。また、このウイルスは本来馬の間で流行していた馬インフルエンザウイルスが何らかの原因で犬に感染し、その後犬間で感染を繰り返すことによって犬に定着したものと思われます。
H3N2亜型CIVは2007年に韓国の動物病院において重度の呼吸器症状を呈した犬から分離されました。このウイルスは韓国、中国、日本の野鳥が保有しているH3N2亜型鳥インフルエンザに由来することがわかりました。その後、韓国、中国、タイなどアジア地域で流行していましたが、2015年には北米での発生も確認されています。
このウイルスは流行が起こった犬舎に同居していた猫にも感染が確認されており、犬と同様に呼吸器症状を示したとのことです。
これらのウイルスは現在のところ日本での発生はありませんが、近隣諸国で流行していることや感染拡大傾向にあることから今後注意すべき疾患であります。
今のところ、犬から人への伝播は報告されてないとのことです。
インフルエンザはうつらないとは言え、そういった際にペットと過度なスキンシップをとるのは、衛生上控えた方が良いかもしれないですね。

2017年1月8日日曜日

冬の乾燥肌

年も明けて日に日に寒くなり、本格的な冬になってきました。
冬といえば、乾燥が気になる季節です。
お肌の乾燥は人間だけでなく、動物たちにとっても大敵です。動物たちの肌は乾燥しやすく、それが皮膚病を引き起こす原因にもなるんです。

Q.なぜ乾燥しやすいの?
A.動物たちは皮膚が薄い(人間の1/2程度)というのが大きな原因の一つです。人間と違い、動物たちは体全体が毛で覆われています。その毛が体を守ってくれるため、皮膚がそれほど厚くなくてもしっかりと保護されます。なので、皮膚のバリア機能が壊れやすく水分が逃げやすい、つまり乾燥しやすい、というわけです。
特に、アトピーなどもともと皮膚が弱い体質の子では、バリア機能もより壊れやすいので、乾燥肌になりやすい傾向にあります。

Q.乾燥すると何が良くないの?
A.皮膚が乾燥していると、それだけで「痒み」の原因となります。また、「細菌感染」なども起きやすくなります。
乾燥しているから痒い→掻く・舐める→菌が増殖する→痒い→…といった悪循環が発生するので、乾燥を防ぐことはとても重要です。

当院には、乾燥肌用のfoodやサプリメント、シャンプーなどのご用意もございます。少しでも気になる方は、いつでもご相談ください。
皮膚の健康維持に努め、乾燥に負けない丈夫な健康肌でこの冬を乗り切りましょう!!

そのしこり...もしかしたら、腫瘍かもしれません!!

愛犬・愛猫の体をなでていたり、ブラシをかけているときに「あれ?なにかコリコリしたものがある」と気付いたことはありませんか?
そのしこり...もしかしたら、腫瘍かもしれません!!
腫瘍といっても、皮膚にできているものや皮膚の下に埋もれているものなど様々なタイプがあります。
※原因しこりの原因には腫瘍だけではなく、炎症、外傷、皮膚病、アレルギー疾患などでできることもあります。万が一腫瘍だとしても、それが良性なのか悪性なのか判断しなくてはなりません。良性には皮脂腺腫や乳頭腫、脂肪腫が、悪性にはリンパ腫や肥満細胞腫などがよく見られます。しかし見ただけではそれらを瞬時に判断することはできません。
そこで「生検」という検査が必要になるのです。

※検査方法腫瘍が疑われる場合には原因が何かを追求するために、通常は生検を行います。生検には主に次の2通りがあります。
①針生検(FNA):しこりに針を刺してその細胞を採取し、染色して調べる方法です。
        ☆メリット→      ○ 無麻酔または軽い鎮静で行うことができます
                                     ○ 比較的、短時間で行えます
        ★デメリット→  × 病変部全体を調べることはできません
                                    × じっとしてくれる子に限られます

②全生検:手術で切除した腫瘍を病理検査で確定する方法です。
        ☆メリット→      ○ 病変部全体を検査することができるため、診断的です
                                     ○ 病変部の検査と摘出が一度にできます
        ★デメリット→  × 全身麻酔のリスクがあります
                                    × 時間がかかります

病気が進行すると、発熱や元気食欲減退など一般症状が悪くなることもあります。
早期発見のためには、飼い主様の“触診”が一番の手がかりです。少しでもおかしいと思ったら、すぐ当院までご連絡ください。